私たちが住む美しい地球を次の世代にそのまま引き継ぐには、「低炭素社会の実現」が不可欠です。そのために太陽光発電、風力発電などの自然エネルギーを利用する工夫や、電気自動車の利用など、CO2の発生を減少させる試みが加速していることはご存じの通りです。

目を見張る技術革新の中にあってあまり目立ちませんが、リユース、リサイクル、リデュース、いわゆる「3Rによる資源の循環」は、低炭素社会の実現に大きな役割を果たしています。ある製品を作る場合、リサイクルによって作る場合のCO2発生量は、天然資源を使って作る場合のCO2発生量と比較すると、その発生量は圧倒的に少なく、まさにリサイクル資源は「地球に優しい資源」と言えます。

弊社は使用済み自動車から中古部品をリユースし、国内をはじめ世界各国に供給すると共に、品質の確かな中古タイヤを一般のお客様に格安な価格でご提供しております。また残った自動車は、リサイクル資源として鉄や非鉄金属、貴金属に分別して資源の再循環に貢献しています。「資源循環型社会」の実現こそ、無駄なCO2の発生を抑え、美しい地球を持続させる最善の手段と確信しています。

カースチール株式会社は、使用済み自動車のフロンガスやエアバッグ、ASR(廃棄物)の適正処理を推進すると共に、低炭素社会の実現に向かって全力で取り組んで参ります。

カースチール株式会社
代表取締役社長 小川 由貴雄